施工実績公開中!

  • うるま市上江洲
    破風墓を公開しました。
  • 豊見城市嘉数
    破風墓を公開しました。
  • 浦添西原
    破風墓(二家墓)を公開しました。
  • 沖縄市古謝
    破風墓を公開しました。
  • 豊見城嘉数
    内地型(洋墓)を公開しました。
  • 那覇市上之屋
    破風墓を公開しました。
  • 那覇市首里大名
    和型墓を公開しました。
  • 浦添墓地公園
    破風墓2基・和型墓1基を公開しました。
  • 西原町棚原
    破風墓を公開しました。
  • 沖縄市古謝
    破風墓を公開しました。
  • 那覇市首里大名
    破風墓を公開しました。
  • 那覇市真嘉比
    破風墓を公開しました。
  • 浦添市西原
    破風墓を公開しました。
  • 那覇市首里大名1丁目
    亀甲墓・破風墓を公開しました。
  • 浦添市西原
    破風墓を公開しました。
  • 西原町我謝
    破風墓を公開しました。
  • 沖縄市古謝
    破風墓を公開しました。

お墓を建てる


TOP  > お墓を建てる


お墓を建てるまでの流れ

お問い合わせ・ご相談

1.お問い合わせ・ご相談

まずはお気軽にお問い合わせください。弊社では、お客様が納得のいくお墓作りを目指しており、お客様とのコミュニケーションを重視しています。 時間を調整し、お会いした上でお墓のデザインや形、石材などのご要望やご予算をお伺いいたします。

毎週見学会も実施しています。
どうぞお気軽に足をお運びになり、現地をご覧ください。


現地調査・お見積り

2.現地調査・お見積り

土地をお持ちのお客様は、現地調査をおこない、現場の周辺状況を確認いたします。その上で、お客様の要望に合わせて、お見積書・ご提案書を作成いたします。


契約の締結

3.契約の締結

弊社のご提案・お見積りにご納得していただければご契約となります。ご契約後、さらに墓石デザインの詳細の打ち合わせ、図面の作成、文字彫りサンプルの作成・確認などお客様がご納得のいくまで打ち合わせさせて頂きます。


着工準備

4.着工準備

土地家屋調査士による測量から墓地経営許可申請準備及び申請、必要であれば自治会長・近隣居住者・隣接地主への意見書取りまで、トラブルがないよう弊社が責任をもって対応いたします。


建墓工事

5.建墓工事

ご要望や必要に応じて地鎮祭をおこない、基礎工事から建て込み工事と建墓工事完了まで迅速かつ丁寧に施工いたします。


完工確認・引き渡し

6.完工確認・引き渡し

完成報告書を作成・提出し、現地にてお客様と共に確認をおこない、引き渡しとなります。


開眼式及び納骨式

7.開眼式及び納骨式

お客様のご要望に合わせて、引き渡し後のお手伝いも行います。沖縄や地域の風土・風習に合わせて、きっちり対応いたします。 また弊社では、アフターフォローも徹底しております。お墓や供養のことでわからないことがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。


▲ページトップへ


よくあるご質問

Q ユンジチって何ですか?
A 旧暦の閏月(同じ月が2度ある)年をいいます。沖縄では旧暦で行事を行います。旧暦とは太陰暦で、朔望月(月の満ち欠けの周期)を1ヶ月とする暦法である。太陰暦では1年が約354日であるため適宜閏月を加えた13ヶ月とし平均した1年を1回帰年に一致させる。 この閏月を沖縄では「ユンジチ」と呼び、ひと月余分に与えられた年であるとして、万事に良き年とされています。

Q 風水(ふんしー)って何ですか?
A 風水(ふうすい)とはは、古代中国の思想で、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福(かふく:災いと幸せ)を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想です。当社では、風水に基づいたお墓をお客様へ提案いたしております。

Q 地鎮祭(神道式・仏式)って何ですか?
A 地鎮祭とは墓の工事を始める前に行う、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ること。これには神道式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。沖縄では馴染みが薄いのですが神道式は神社、仏式はお寺にお願いしたときに行われます。神社は普天満宮などで、神道の信仰に基づき作られた、恒設の祭祀施設。沖縄には琉球王朝から愛された八社「琉球沖縄八社」がある。

Q お墓を建てる時期というのはありますか?
A よく、七夕(旧暦)か、ユンヂチ(閏月)に建てるべきだと言われますが、七夕は「日無し」といって、あの世から目が届かない日、ユンヂチは、一年に同じ月が二回あるのでそのうちの1月は余計であるから、やはりあの世から目が届かない月と考えられます。その時にお墓を建てたり、移動したりすれば、何事も起こらないという考え方もありますが、お墓を新築したり建て替えることは先祖にとってよいことですので特にこだわる必要はないと思います。

Q 門中墓(むんちゅうばか)って何のことでしょうか?
A 沖縄本島南部に比較的多く見られるもので、門中とよばれる父系親族の集まりで所有している共同墓のことです。

Q お墓の落成祝いは、どのようにしたらいいですか?
A 一般的にご準備いただくものは下記になります。
・儀式で使うもの
線香・白紙・うちかび・すずり・墨・筆・米・酒・お茶・扇子・味噌
・供物
果物・お菓子・もち・まんじゅう・フチャギ・重箱詰めの料理
お墓の中に、米・味噌・すずり・墨・筆を飾り、御願します。立派なお墓が完成たことを先祖に報告し、子孫繁栄を祈ります。御願のあと、祝い歌をうたいます。主に、「かぎやで風」「恩納節」「中城ハンタ前節」などが歌われますが、地域によっては異なる場合もあります。 遺骨をお墓に納めたあと、親族関係者の焼香を済ませ、準備したご馳走を飾り、お墓のお祝いを行います。
※地域によって多少の違いがあります。

▲ページトップへ